~  花を長く楽しむためのお手入れ方法 ~

    今お役に立つ情報ボックス

 
         今役に立つ情報如何ですか
                     
                       ~春夏秋冬 それぞれのお花・植物の
                   お手入れ育て方
     いただいた、アレンジメント・花束を長持ちさす方法などご紹介いたします。  ~


    花  束

  お花を生ける前にまず、ラッピングや保水剤は取り外してください。 

  お花を活ける前に水切り『ポール・バケツなどに水を満たしその水の中で
  花の根元をナナメ(水の吸い上げ面積が広くなる)に1~2㎝切る』そのままの状態で
  しばらく浸しておきます(2~3時間くらい)。
   ほとんどのお花は、これだけで大丈夫ですがそれでも、まだ元気がないようでしたら、
  新聞紙で花の頭がかくれるくらいまでぐるっと包んで、たっぷりの水に浸します。
  この方法は、ちょっと元気がなくなりかけたバラやガーベラ、ユリ、菊などに効果抜群です。
  
   深水に浸けてしまうと痛みやすい花たち、
   すでに萎れて深水では負担の大きな花たち
   『葉の大きい野草や葉の多い物:(アザミ・キキヨウ・秋桜・ケイトウなど)』は、
   花を、逆さにして葉の裏に霧吹きなどでたっぷり水をかける
   そのとき花には掛からないように注意してください。
    そのあと新聞紙に包みその新聞紙にも水を霧吹きでかけるてやる、
   その後水切りを、それが終わると葉が浸からない程度の深さの水に浸けてやる。
 
   ブルースター・ユーフォルビアなど、切り口から白く乳のような樹液が出る花たちには、
   ’湯切り’『水切りと同じで水の代わりにむるま湯を使います』を用いますが、
   高温のお湯で上げる方法もあります。
   高温のお湯は殺菌作用があり、茎の先に付いた菌を死滅させ、樹液などの流出を
   抑えます。
   しかし、その高温の熱が花を痛める原因になりますのでお気を付け下さい。
 
   れでも水揚げできない場合は「燃焼法」もあります。
   強い火で茎の先端3cm程度が黒くなるまで焼いてから切り取り、
   すぐに深くはった水につけます。
    お花を生き返らせる治療法にはいろいろありますが、
   また、酢・ミヨウバンを使った水揚げもあります。
   これは、水切りをした後で切り口にすり込みます。 これもまた水揚げの一つです。

  お花が元気になったら花瓶などに飾ってください。

   ちょっと茎の堅い花・枝物には、ハンマーなどで茎の先を叩いてから水に浸します。
   もっと茎が太く堅い枝物のお花は、茎の先端に3~5cmくらいの
   十字の割込みをいれてから、水に浸します。元気に水揚げしますよ!!
   花瓶の中の水につかりそうな葉は取り除いてください。
   (水の汚れの原因になり、雑菌が繁殖し水揚げが悪くなり、花の持ちが悪くなります)

   花瓶の水はできるだけ早く(1日1回)取り替えてください。
   そのときに花瓶の内側のぬめり・花の茎のぬめりは洗い流してください。

   毎日、花の茎(水につかっている部分)の先は少しずつ切り取ってください。

   切り花の延命剤をお使いいただくことをおすすめいたします。

   お部屋の中では、エアコンの風が直接あたるところに置かないようにしましょう。
   水分が奪われてしまいます。
   直射日光のあたる場所も避けたほうが無難です。
 
                                                ページトップへ

    アレンジメント

お花はフローラルフームに挿してありますので、
  フローラルフームが乾燥しないように1~2日毎に水をつぎたして ください。
  
   お店から届いたときは、容器にはお水は多く入れておりません。
  ご面倒ですがすぐにお水を容器いっぱいにたしてください。

  直接日光や冷・暖房の風が直接当たらない場所に置いてくだ さい。

  セロハンなどラッピングはなるべく早く外してください。
  お花が蒸れやすくなりお花の持ちが悪くなります。 

   もし、お花の状態が悪いときにはその花を抜き取り、
  水切り『ボール・コップなどに水を満たしその水の中で
  花の根元をナナメ(水の吸い上げ面積が広くなる)に1~2㎝切る』をしてください。
  何時間かすると元気になりますよ。

   枯れてしまったお花は、早い目に抜き取りましょう。
  そのままにしておきますと廻りの花も悪くなりやすいですよ。
                                                ページトップへ                                              

   観葉植物:鉢物

  【冬の管理】   
 
  観葉植物:
   寒さが厳しくなり熱帯植物を育てにくい時期です。
  特に朝の冷え込みが問題で 水やりは朝日が上がり温度が上昇した頃に与えます。
  与えた水が鉢の中に、残りすぎると朝の冷え込みで根が傷みます。
   置き場所は、それぞれ植物に応じ光の当たるところに置き、最低温度が保たれる事。
  
   観葉植物には、空気中の有害な物質を取り除いて、
  部屋の空気をきれいにしてくれる効用もあるんですよ。

  【年間通常管理】

   毎日土の状態や植物きを見て、水のやりどきを判断しましょう。
  鉢土の表面が白っぽくなったときは水やりの時期です、
  鉢土の表面が黒いときには土に水を持っているときです、
  この時期に水を与えすぎると根腐れの原因になります、
  一度水を与える前に土を手で触ってください。水切れには特に注意してください。

  (水やり)
   水は鉢の底から流れ出るぐらいたっぷり、できたなら屋外にて与えて下さい。
  それは、土の中にある隙間より古い空気を押し出して、新鮮な空気と入れ替え、
  根に新しい酸素を供給させるためです。
  水やりの時間は暖かい日の午前中がよいようです。
  夕方から夜にかけて水をやりますと、夜にかけて根が成長しますので、
  柔かく育った植物になりかねません。

   植物は、通常自然に生育するには、雨にも当たり風にも吹かれているものです、
  とくに観葉植物などは、熱帯の多湿なところに自生しているものが多く従って、
  室内の植物にも、ときどき霧吹きで葉水を与えて、葉を洗ってやり、
  お部屋の湿度も保ってやる必要があります。
   屋外の植物は、
  水やりのときにときどき葉上から洗い流すように掛ける用心がけましょう。

  (肥料与え方)
   肥料は植物の大切な栄養源です。
  肥料分がなくては植物は育ちませんが、多すぎると根を痛め、枯れてしまいます。
  適当な量がよいようです。

   肥料の種類にもよりますが、追肥の場合は、
  水溶性のものは効き始めるのが早く、1週間に一度水補給の代わりに与えます。
   固形のもの(有機質肥料と化成肥料)は、効き目が出るに少し時間が掛かります、
  約2~3ヶ月毎が効果的です。

   肥料を与えるのは生長の盛んなときだけにしましょう。
  植物が肥料を欲しがるのは、生長の盛んなときだけです。
  生長が止まっている秋の後半から冬にはほとんど吸収しません。
  多くの観葉植物や鉢花は、4~月頃 から生長し始めるので、
  それから肥料を施します。

   そして,8~9月を最後に、10月以後は肥料はほとんど
  与えません。冬に肥料を与えると、吸収されずに根を痛める原因になります。

  観葉植物でも、花の咲くもの実のなるものもあります、肥料の与え方にご注意!!

  肥料の成分『三大要素とは』
  通常観葉植物を育てるには観葉植物専用の肥料を与えていれば問題ありませんが、
 中には、花も楽しめる観葉植物もあるので、
 観葉植物専用の肥料だけを与えても花が咲き難くなってしまいます。
 花専用の肥料と観葉植物専用の肥料は成分に違いがあり、
 花はより良い花を咲かせるように、
 観葉植物は、葉を茂らせるように、
 N(チッソ)、P(リン酸)、K(カリ)の分量が分けられています。

  窒素・リン酸・カリの割合は
 (観葉植物用)の液肥・・・・・・・・・7(窒素)-4(リン酸)-4(カリ)の比率で配合されている。
 (花用)の液肥・・・・・・・・・・・・・・・5-10-5
 (花用)緩効性肥料・・・・・・・・・・・10-10-10   
 (観葉植物用)緩効性化成肥料・6-4-4

N・P・Kの役割は
 N(窒素)「葉肥え」:チッソは主に葉を茂らせる役目があります。
 観葉植物の肥料は通常この成分が多くなっています。
 花が咲く観葉植物にチッソ分の多い観葉植物専用の肥料だけを与えると、
 葉ばかりが生育して花付きが悪くなります。花の咲く観葉植物は花用の肥料も与えます。

 P(リン酸)「実肥え」:リン酸は主に花や実をつける役割、根を新しく作る役割もあります。
  花の肥料は通常この成分が多くなっています。
   
 
 K(カリウム)「根肥え」:根を丈夫に育て耐寒性を向上させる役割、
  植物の生理作用をスムーズに行なう役割などがあります。

  用途に合わせた肥料

  元肥(もとごえ)
 植物を植え付ける前にあらかじめ肥料を施しておくことを、元肥(基肥)といいます。
 元肥には、有機質肥料とリン酸の値が大きい肥料を施します。
 肥料やけを防ぐため、施肥は植え付けの一週間前には済ませておきましょう。
 鉢植えなどには、すぐに使えて長く効く「マグァンプK」が便利です

  追肥(ついひ)
 発芽後や植え付けた植物が活着した後は、
 成長を促すためにチッソの値が大きい肥料を追肥します。

  実肥え
 蕾ができる頃にはチッソ分を控えて、カリの値が大きい肥料を施します。

  お礼肥え
 開花・結実後の木や球根類に、チッソとカリ分の多い肥料を与えます。 

   一般的によく与える、活力剤は肥料ではないものが多いです。
  どちらかといえば、微量要素的(人間的にビタミン剤)なものですので、
  植物の成長を助けるには追肥はきちっと与える方がよいです。

   おおくの観葉植物などは、
  風による乾燥に著しく弱く土がよく乾き植物を痛める原因になります。
  冷・暖房の風が直接当たらない場所に置いてください。
                                                                                     ページトップへ

    ハイドロカルチャー
 ハイドロカルチャーでは,土を使用しないため、
根腐れやカビ、悪臭の心配がなく、虫もつきにくいので清潔、
毎日水やりをする必要がなく、メンテナンスも簡単です。

 ハイドロボールは、多孔質構造ですので、適度な水分と空気を
保持し、植物の根を活性化させるばかりか、根を寒さから保護
するので、植物を何年でも楽しむことができます。

 ハイドロは水、カルチャーは栽培という意味で、
ハイドロカルチャーとは、観葉植物を、底穴のない容器を使って、
高温で焼いた粒状練石(ハイドロボール)栽培する方法です。
 ハイドロボールは多孔質で適度な水分と空気を保持します。

 夏冬とも窓に近い明るい場所に置きましょう。くれぐれも、
直射日光は避けてください。
水温が上昇し、緑藻が発生してしまいます。

 ハイドロカルチャーで使う容器は普通の鉢のように排水されない
ので、水の管理が大切になります。
 ハイドロカルチャー
 鉢底にためておく水は容器の深さの5分の1くらいまでです。
この水が汚れると水につかった根が傷み、根腐れをおこします。
 それを防ぐのが、根ぐされ防止剤(スーパーミリオンAやイオン交換樹脂栄養剤)を
底に敷き詰める必要があります。
根ぐされ防止剤のおかげで、水は腐らないし、コケも生えにくくなります。
    肥 料
 専用肥料か、液肥を薄目に希釈したものを使います。1~2週間に1回、
葉面散布肥料をひと吹き与えてください。
 イオン交換樹脂栄養剤、スーパーミリオンAなどは、4~6ヶ月に1回くらい補充しましょう。
 
  日頃の手入れ
  時間がたつとハイドロボールの表面が白くなることがありますが、
これはカビではないので安心してください。
 表面が白くなるのは、カルシウム分が表出したからなのです。
このようなときには、ハイドロボールを水洗いすれば再度使用できます。 
 
 ガラス器の表面に藻が発生することがあります。このときには、
ガラス器を洗って、植物を植え直してください。

   冬の手入れ 
 ハイドロカルチャーは寒さに強いという特徴があります。
ハイドロボールが断熱保温材となって、根を寒さから守ってくれるからです。
しかし観葉植物はもともと高温多湿を好む傾向がありますので、冬は最低でも温度が
5度以上あるところに置きましょう。
 冬は植物が生育を止めるので、水も夏ほど必要ではありません。
せいぜい容器の底に1cm程度の水があれば十分です。
特に寒さに弱い植物の場合には、ハイドロボールを湿らせる程度に水を与えましょう。


                                               ページトップへ                                            

   ご案内   INFORMATION 

 商品のお届けについて

 大切なお届け物、商品に合わせてお洒落にラッピング箱にお入れしてお届けいたします。
 ご購入商品お花の取り扱い説明書。生花アレンジメント・花束にはお花の長持ち材をお付けしております。
 ご希望の方は、無料にてお買い上げ商品に合わせたメッセージカードをお付けいたします。
 おもうしこみようしに、メッセージカード希望としてください。
 万一破損の場合は、花折れ等100%対応いたします。

 お急ぎにも対応いたします

 うっかりわすれていた、お誕生日や記念日・急なお祝いやお見舞いなど、またお通夜・ご法事など
 急いでお花を贈りたいときは、お電話にてお問い合わせ下さい。
 「午後1時00分までの受付にて、注文当日手渡しお届けにて即日配達・即日発送いたします」
 配達不可能な地域もございます、ご確認下さい。

 いただいたお花・買い求めたお花花束・アレンジメントを長く楽しむためのお手入れ方法
  
ご参考に少しでも長くお楽しみ下さい。

  メッセージカード・立て札を必要とするお客様、

  『カート』ご利用のお客様 ご面倒ですが、記載事項に間違いがでる場合がございます。
  別途、e-mailオーダー FAXお花用注文用紙 にて
  立て札記載事項 を参考に内容をご記入の上お送り下さい。

   画像配信ご希望のお客様、ご記載下さい。
   ご注文ガイド    
① ご注文する商品が決まりましたら、
  商品ページの「カートに入れる」
  ボタンをクリックしてお買い物できます。
  備考欄に、必要であれば「ギフト用」・
  「ラッピング」・「メッセージカード」・
  「立て札」の必要とご記載下さい。  

② FAX・ご注文メールオーダーからの
  ご注文も承っております。

  ご注文確認メールが届きます、確認下さい。
  パソコン、FAX注文とも
  ショップからのメールを持ちまして
  正式なご注文となります。          
アロカシア・バンビーノ
アロカシア・バンビーノ

 商品の流れ
 お支払い方法 
 送料 
 商品:返品・交換・キャンセルについて

  商品の流れ
      ご注文する商品が決まりましたら、商品ページの「カートに入れる」ボタンをクリックしてお買い物ご注文完了後、ご注文確認メールが自動送信されます。24時間以内にショップより,確認メールが届きます。商品代金お受け取り後,指定日に商品の発送となります。万一発送など事故にて、到着不備がございましたらすぐにご連絡下さい。100%対応いたします。
 お支払い方法
[銀行振込] 
  • 当ショップでは、お支払いの基本は先払となっております

  • ご注文後1週間以内に必ずお支払いください。 お支払い後の発送となります。

  • 銀行振込手数料はお客様にてご負担願います。
    法人(企業)様 事前に御社のお支払い条件等ご相談させて頂きます。(請求書等)

 阿波銀行 本店
 口座番号
 1385203 
 
 名   義
 スズキ ミツオ 
 ゆうちょう銀行 
 記   号
 16230-2
 
 番   号
 3217051
 
 名   義
 ユ)スズキエンゲイ
[代引き] 
 商品と引き換えに宅配業者にお支払ください。
 (代引き手数料315円)
 10,000円以上~30,000円未満 420円
 30,000円以上~100,000円未満 630円
[クレジット決済]
  • ご注文後のレジ画面にてお手続き出来ます。

  • FAXでのご注文の際はご利用不可
  • 詳しくは「ご注文ガイド」の「PaiPalのご紹介」をご確認ください。

       

  送料                 詳しくはこちらへ
ヤマト宅急便 
  30.000円以上お買い上げで送料無料 
地域(送り先)配送料[税込]
(120サイズ)
北海道(離島は別途) 2.100円
青森・岩手・秋田・山形・宮城・福島 1.300円
茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・山梨・新潟・長野 1.100円
富山・石川・福井・愛知・岐阜・三重・静岡   950円
滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・鳥取・島根・岡山・広島・山口   850円
徳島・香川・愛媛・高知   750円
福岡・佐賀・長崎・大分・熊本・宮崎・鹿児島   850円
沖縄(離島は別途) 2.500円
  東京都の離島 ・鹿児島県の離島北海道(札幌以外)・沖縄県 全域は、
  恐れ入りますが、輸送中の品質保持が難しいため、年中発送不可
 商品:返品・交換・キャンセルにつて
  • ご注文後の変更・キャンセル等は、商品のお届け日の3日前までにお願いいたします。
    以降につきましてはご要望にお応えできない場合がございます。

  • 商品が(生花等)場合は、お届け後の、キャンセル・返品・交換は、 商品の性質上できませんので
    ご了承ください。
  • 当社及び宅配業者のミス(万が一運送時の商品の破損またはご注文と異なる商品や不良品が届いてしまった場合)によるもの以外は、基本的に受付出来ませんのでご了承ください。
  • もし届いた商品に問題がありました場合は、宅配業者とも協議の上返金致します。

    お届け日に問題がなければ、状況により 責任を持ってお代替品をお送りいたしますので、
       商品到着後1日以内にメールか電話にてご連絡下さい。
    返品前には、必ず 【連絡先:088-654-8739】ご連絡下さい。
    事前連絡を頂いてない返品につきましては、お受けできない場合がございます。
  • お届け先の長期不在、また受取り拒否に対しては代金をお返しできませんので了承ください。
  • 商品到着時に、お気付き・ご不明点等ございましたら、メールまたはお電話でお知らせ下さい。
 
 

                                                                                      
                                                  このページのトップに戻る